依存症を克服|ヘビースモーカーがチャンピックスの通販で禁煙に成功した件

依存症を克服

the blister packs

チャンピックスの通販で商品が届いて一週間。チャンピックスは服用から一週間後から本格的な禁煙がスタートします。
これまで食後に0.5mgの薬を二錠飲んでいたのが、この日から1mgを二錠に変わります。飲むのは朝夕に一錠ずつなので、そこまで苦になることはありませんでした。
薬の服用量が増えたからといって副作用が強くなったということもありませんので、自然と服用を続けることができました。
一週間後からは全くタバコを吸えなくなるので少し不安でしたが、実際は吸いたくもないので、本当に禁煙できてしまいました。今までの自分からは考えられないことで、あれだけ禁煙を勧めていた妻も心配になるほど吸いたい気持ちがなくなりました。
タバコを吸わなくなると、料理の味が鮮明になり、たんが絡んだり咳が起こることもなくなったので、体調は絶好調です。

ここまで効果が強いので、チャンピックスが危ない薬なのではないかと思い、個人的に調べてみました。
そもそもなぜタバコを止められないかというと、脳内のニコチン受容体というところにニコチンが結合することでドーパミンが出ることが原因です。ドーパミンは人間に快の感情をもたらしますので、タバコを吸うだけでリラックスしたり、気持ちよくなるのです。逆にニコチンが不足すると依存症でイライラが始まります。
チャンピックスはニコチン受容体と結合し、タバコを吸った時よりも少量のドーパミンを放出させます。この状態だとニコチン受容体が埋まっているので、タバコを吸っても快の感情が湧いてきません。
ゆえにタバコを吸ってもおいしくなくなり、吸いたい気持ちも感じなくなるのです。自分の体の変化と照らし合わせてもすごくしっくり来たので、チャンピックスは本当に禁煙することができる薬だといえます。

チャンピックスが脳内のニコチン受容体を満たしていることでタバコを吸いたい気持ちがなくなっているのですが、逆に言えば、途中でチャンピックスを止めてしまうと、またニコチン受容体がフリーになるんで、タバコを吸いたくなってしまいます。
チャンピックスは少量のドーパミンを出しているので、服用を続けるとドーパミンが少ない状態に慣れる(=ニコチン依存から解放される)ことになりますので、必ず所定の量を服用し続けましょう。途中で服用をやめてしまっては無意味になってしまいます。
結局私はタバコを吸わなくなってからもしばらくチャンピックスを続け、今はチャンピックスも絶って半年になります。生まれてきた子供もきれいな空気の家で育てることができていますので、本当に禁煙できてよかったと感じています。